なかちんのアウトドア活動記

一児の父ですが少ない休みの日に細々とアウトドアを楽しんでおります。つたない内容かもしれませんがご了承下さい。

オルトリーブ ウルトラ ライトウェイト ドライバッグ PS10 3L レビュー

f:id:naka350z:20200426193057j:image 

 今回はオルトリーブの防水スタッフサックを紹介したいと思います。

 登山系のアクティビティをしてる方にはあまり馴染みがないかもしれませんが、スポーツバイクを趣味にしている方には非常に知名度のあるメーカーになります。防水バッグを非常にたくさん出していまして自転車乗りにはサドルバッグがマストアイテムみたいで持っている人がとても多いと思います。自転車ツーリングなどする方にはパニアバッグもとても使用している人が多く防水性能は極めて高いものが多いです。

 その中でスタッフサックも出していますが超軽量ではないですが防水性能は同じくとても高い製品です。種類も何種類かありますが私はウルトラ ライトウェイト ドライバッグ PS10のバルブのないタイプを使用しています。(他にもバルブの付いている7Lタイプも持っていますがバルブが邪魔であまり使用してません)

 このタイプは計5種類あります。

 

※下記の文はホームページから引用してます。

 インナーバッグに最適な超軽量ナイロンファブリック、PS10を使用したドライバッグ。 バッグ内側はPUコーティングを施し、表面は滑らかなナイロンの生地感を生かしており、 摩擦が少なく出し入れが容易です。 アウトドアやバイクパッキング、ヨガ、水泳など多くのシーンで活躍し、幅広いサイズ展開や豊富なカラーバリエーションは複数個使用する場合でも判別がしやすいです。

※高さはロールアップを5回時の寸法。

 

【価格】              【仕様】

1.5L ¥2,000           H8xC38.3xD12.2cm 1.5L/30g

3L ¥2,300             H15xC44xD14cm 3L/38g

7L ¥2,900             H27xC55xD17.5cm 7L/54g 

12L ¥3,100            H32xC67.5xD21.5cm 12L/70g 

22L ¥3,300           H42xC83.2xD26.5cm 22L/104g

カラー:全4色 ライトグレー/ブラック/オレンジ/ライトグリーン

http://www.g-style.ne.jp/item.php?brand_id=21&item_category_id=117

 

 種類が結構多くて私はリンクス梅田のICI石井スポーツで購入してきました。とても色が色々ありよかったです。

 

 

 今回の紹介は3Lタイプの物になります。

 パッキングした状態で大きさが実測で長さ24cm×幅15cm×厚み12cmほどになります。防水性を確保するには4回ほどはロールアップする必要があるのでこれぐらいが限度だと思います。

 単体での重さは実測で39gになります。重さはあまり感じるものではないですね。
f:id:naka350z:20200426193054j:image

 上の写真のつめた物を開けるとこれぐらいの詰め具合になります。
f:id:naka350z:20200426193051j:image

 


f:id:naka350z:20200426193101j:image

 この中に入れているのはやはり濡れて欲しくない着替え、ダウンジャケット、シュラフなどを入れています。

 着替え

テントシューズ

ダウンジャケット

シュラフ

f:id:naka350z:20200426193105j:image

 これをパッキングすると総重量が787gになります。これぐらいなら全然持ち運びはすごく楽になるでしょうね。

 

 

実際に濡らして見ました

 

 浴槽の中に1分ほど潜らせてじゃぶじゃぶしてみました。 

f:id:naka350z:20200426214225j:image

 取り出してみてずぶ濡れです。
f:id:naka350z:20200426214229j:image

 4回ほどロールアップしてましたけど開けてみると見えにくいですが少し浸水してました。中に水滴が付いてシュラフの袋が濡れてました。
f:id:naka350z:20200426214411j:image

 ぬれていたのはシュラフだけで取り出してみると袋の表面が少し水滴が付いてました。f:id:naka350z:20200426214414j:image

 袋から出してシュラフを確認してみましたらぬれてませんでした。

f:id:naka350z:20200426214417j:image

 実際のフィールドで使うなら直接雨に打たれないようにカバーをかけたりすると全く問題ないように思います。先月使った時、雪や雨に3時間ほど遭遇しましたが全く問題はなかったです。

 

 

バッグパックにパッキングしてみました

f:id:naka350z:20200426220613j:image

f:id:naka350z:20200426220617j:image

 今もっていますパーゴワークスのRUSH 5Rに入れて下にメスティンも入りました。メインの室内が(5L)ですがパッキングできました。下部には先日レビューしたテント、ロフォーテンも入れています。

 

 

まとめ

 スタッフサックは色々種類があり誰もが持っていると思いますが、防水タイプは少し使いにくいものがあったりしますが個人的にはオルトリーブのこのスタッフサックをお勧めしたいと思います。過去にグラナイトギアのコンプレッションサック(XS)も買ってパッキングしたりしましたがすぐにコンプレッション用の部分が破れて使い物にならなく捨ててしまいました。圧縮するタイプはその紐の部分が結局すごく邪魔で使い辛らくさらにまん丸の形になるのでパッキングしにくかったです。その点このオルトリーブのスタッフサックは結構圧縮できてコンパクトになり、更に防水性能はすごくあり少し軽くて購入しやすい金額ではないかなと思います。