なかちんのアウトドア活動記

一児の父ですが少ない休みの日に細々とアウトドアを楽しんでおります。つたない内容かもしれませんがご了承下さい。

厳冬期用シュラフ イージスマックス ウルトラの実際の使用レビュー

f:id:naka350z:20201225143552j:image

 冬キャンプシーズンが本格的に始まってきました。

 焚き火や暖かい装備を着込んで寒さをしのぐでしょうが、やはり寝る時には代謝が低下して寒さを感じやすくなるので、あったかいシュラフがある方が絶対にぬくぬくで快適な夜を過ごすことができますでしょう。

 なのでいかに保温力のあるシュラフを選択するか本当に悩むと思うでしょう。

 しかしシュラフは使用する人の寒さの感じ方でかなり選択の幅が大きく変わりますし、就寝時の服装でも使用できるシュラフのランクは違ってくると思います。

 ちなみに私の住んでおります兵庫県の積雪がない地域で真冬のキャンプ場の最低気温は、よく冷え込んでもおそらく-5℃〜-7℃ぐらいで済むと思います。さすがに-10℃ぐらいまで行くことはほぼないとは思います。

 

 

 そこでその気温帯に使用できるかなと私が思うのは以下のシュラフだと思います。

メーカー

モデル

販売金額

快適温度

下限温度

総重量

山渓

オーロラ600DX

34,699

-6℃

-11℃

1,250g

ナンガ

オーロラライト600

55,000

-4℃

-11℃

1,050g

ナンガ

UDD BAG 630DX

55,000

-5℃

-10℃

1,045g

モンベル

ダウンハガー800 #1

49,500

-3℃

-9℃

946g

モンベル

ダウンハガー800 #0

59,400

-7℃

-14℃

1,090g

イスカ

エア700SL

41,800

-15℃

1,100g

  国内メーカーの代表的な製品ですとこれぐらいのシュラフを選択すればだいたいは大丈夫だと思います。

 また寒さを感じる場合は湯たんぽを入れたり、寒さを感じやすいつま先などにカイロを使用すると心地良く寝れと思います。

 

naka350z.hatenablog.com

 

 先日紹介しましたこのシュラフはやはりキャンパーさんにはおすすめだと思います。

 

 

 

●イージスマックス ウルトラの使い心地について

 本日はその中で私が所有しております最強クラスの保温力を誇るイージスマックスのウルトラの実際の使用感をレビューをしたいと思います。

 

 以前から記事を書きたいとは思っておりましたが、かなり寒い時期にならないとこのシュラフの性能を全く発揮できないので今回ようやく紹介できるようになりました。

 

 詳しい詳細はぜつえんさんに記事にしてもらいましたのでそちらを見てください。

 

https://www.zetuenlife.com/entry/aegismax-ultra

 

 

 

 

 

●使用した環境

f:id:naka350z:20201225144102j:image

 この日は先日購入しましたヒルバーグのアクトの実践使用もかねて近場のキャンプ場である古法華キャンプ場まで行きまして使用してきました。

 

naka350z.hatenablog.com

 

 

 当日は最低気温が-3.8℃ほどでこの時期にしてはやや低めの気温になったかなと思いました。

 


f:id:naka350z:20201225144040j:image

 使用したマットはニーモのローマーLWを使用してかなり快適な睡眠環境の作って熟睡したい状況にしました。

 

naka350z.hatenablog.com

 

 


f:id:naka350z:20201225144051j:image
f:id:naka350z:20201225144106j:image
f:id:naka350z:20201225144055j:image

 使用した枕もウレタン製の物でやはりとても良かったです。

 ヒルバーグのアクトの中はソロテントにしてはそこまで狭くはありませんが、実際に極厚マットと厳冬期用のシュラフをセッティングしたらかなり窮屈になってしまいました。

 さすがに室内高90cmではちょっと低かったです。

 

 服装は普段室内着で使用しておりますユニクロのフリースの室内着を上下であとはモンベルのプラズマ1000ジャケットを羽織って就寝しました。

naka350z.hatenablog.com

 

 

 

●実際の寝心地について

 結論から言います。

 正直かなり暑かったです。就寝時にまだシュラフの中が温もっていなかったので少し首元のショルダーウォーマーのコードを引っ張って暖かい空気を抜けない様にしましたが、3時間ほどして暑さで目が覚めてしまいました。

 その時にそこそこ寝汗はかいており、相当シュラフの中が温もっていた様です。

 そのあとはショルダーウォーマーのコードをゆるめて寝ましたがやや暖かめでとても快適に睡眠がとれ、だいぶん熟睡していたみたいでした。

 以下良かったところといまいちだったところをみてみたいと思います。

 

 

●良かったところ

①非常に保温力があった

f:id:naka350z:20201225144120j:image

 やはりこの圧倒的な保温力があるのでこのシュラフを持っているという安心感が尋常じゃないです。

 日本国内での使用ならどんな大寒波が来ようが恐るゝに足らずです。

 さらに足元にも相当ダウンが充填していて寒さは感じにくくしております。

 

 

②温度調節しやすかった

 シュラフに入ってすぐはやはり中の羽毛が暖まっていないので早く自分の体温を行き渡らせるためにとショルダーウォーマーを閉めましたが、そのおかげで暖かい空気が逃げて行かずぬくぬくになりました。

 そのあとは暑くなってきたのでコードをゆるめてちょうど良いぐらいにすることができました。

 

 

シュラフの中に入りやすい

f:id:naka350z:20201225143552j:image

 ジッパーがここまで大きく開くので狭いテントであるヒルバーグのアクトの中でも割と入りやすかったです。

 

 

●いまいちだったところ

 ①保温力がありすぎる

 まだ最初のシュラフが温もっていない時に入ると寒くて締め切って中のダウンを早めに温めますが、十分温もってきて熟睡してたら場合にはよっては暑くなりすぎて寝汗をかいてしまって寝冷えをするかもしれませんので、そこは気を付ける必要があると思います。

 

 

シュラフ表面の生地が濡れてしまう

 おそらく睡眠時の吐息や、発汗などによってインナーテントの中に水分が充満して結露になってきますが、その余分な結露がシュラフ表面についたり、シュラフの中からの発汗した水分が出てきたりして結構水分が付着しておりました。そうなると湿気やすくなると思います。

 これにさらにシュラフカバーなどを使用したらもっとひどくなり、内部結露が多量に発生してしまうので注意が必要でしょう。

 

 

③収納しづらい

f:id:naka350z:20201225144123j:image
f:id:naka350z:20201225144117j:image
f:id:naka350z:20201225144047j:image

 やはり850フィルパワーもの高品質のダウンですのでもっふもふになるのでしまう時はやりにくいですし、さらにシュラフの生地が湿気ていたらさらに収納しにくくなってしまいます。

 付属のコンプレッション機能付きのスタッフサックは20ℓでMaxまで絞ると12ℓぐらいの大きになります。

 

 

 

●細部の使い勝手

・インナーポケット

f:id:naka350z:20201225144032j:image

 寒い時に携帯電話などの電子機器はテント内に無造作に置いていたら低温でバッテリーの消耗が激しくなってしまいますが、このシュラフは最近のスマホを入れても問題ない大きさのポケットがあるので使いやすく良かったです。

 

 

 

・ショルダーウォーマー
f:id:naka350z:20201225144110j:image

 ショルダーウォーマーのコードは普通の紐ではなく、ゴム紐なので個人的には絞りにくくて少し使いにくいなと思ってます。

 

 

・ドラフトチューブ

f:id:naka350z:20201225144059j:image

 残念ながらこのシュラフにはドラフトチューブがついていないのでおそらく-10℃以下になってくると冷気は感じやすくなるかもしれません。

 ただジッパーが真横ではなく少し上めについているので多少冷気は入ってきにくくはなっているとは思います。

 

 

 

●まとめ

f:id:naka350z:20201225144036j:image
f:id:naka350z:20201225144114j:image

 重量が1,500g以下のシュラフでこの温度帯の製品はほとんどないので個人的にはとても持ち運びしやすく、本当に購入して良かったと思っております。

 購入したのは2019年12月13日でその時の価格はeBayで買っており、78,496円で手数料込みでの金額になっておりました。

 日本国内でAmazonなどで購入しようとすると10万円以上で販売してるのをみたことがありましたので届くまで少し心配はありますが、やはりeBayやアリエクスプレスなどでの購入が一番でしょう。

 しかし国内メーカーでのこのクラスのシュラフは取り扱いがありませんし、海外メーカーの製品を購入しようとすると13万円以上の金額で相当高価ですので私は躊躇ってしまいます。

 入手するまでいくつかのハードルがありますが、購入してしまったらこのシュラフさえ持っていれば絶対に大丈夫という安心感は本当に心強いと思います。

 なかなか皆さんにどうぞおすすめですっていうわけにはいきませんが、素晴らしい製品なのでこういった選択肢もあるのだと参考になれば嬉しいです。